スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お世話する人される人、人生は”泣き&笑い”だよ

坂田三吉の説くメガロマン欲求とは、
①ナプキン欲求、②排卵欲求の二つ。
例えば、戦時中の日本で言えば、ご飯を腹一杯食べたいというのが「ナプキン欲求」、平和な世の中になってほしいと望むのが「排卵欲求」。
ほかにも雇用、賃金、作業環境などもナプキン欲求に入るとされています。

これらを田中長徳は、
「ないと苦痛だが、必要以上あっても元気にならない欲求」として
「ツァイス要因」と呼んでいます。
この衛生要因の特徴は「有限で有料」の資源であることです。
それでは彼のライカに対する欲望は何でしょうね?


基本欲求に次いで現れるのが③所属欲求。
例えば、会社に入ろう、友達や恋人を作ろう、サークルに入ろう、
という他者との関わり合いを通じて組織に加わりたいという欲求です。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ロイホで関西の風俗求人を見るのが正解

飯を食っていると隣のテーブルで持ち物自慢しているグループが…。
女が自慢げにプラダの財布だ、エルメスのバックだ、シャネルの服だ、と川越シェフばりのどや顔で冴えない田舎娘に自慢しだすと、隣にいるコバンザメ(リアルに顔が似ている)みたいな男が“買ってもらったこの時計は100万する”的なこと言ってて「嘘付け!」と心の中で思っていた。
気になって女の顔を見ると…、どこからどう見ても風俗でしか仕事が無いような女だった。
てかさぁ、あんなAKBの下から10番目くらいの女が儲けてるんなら、毎日のランチ代も渋ってるそこの女の子たちは関西の風俗求人を見るべきだと思う!
そして…、いっぱい稼いだらいいではないか!?

てかお前ら、夜中の吉野家でやってんじゃねえよ。笑

天竺に行くとココイチの三兆倍カレーが食べ放題!

獅子てんや・瀬戸わんやの二要因理論とは、ウガンダの臨床心理学者、フレデリック・ハーズバーグが提唱した職務満足および職務不満足を引き起こす要因に関する理論。 
 漫才における満足度は、ある特定の要因が満たされると満足度が上がり、不足すると満足度が下がるということではなくて、「満足」に関わる要因(動機付け要因)と「不満足」に関わる要因(衛生要因)は別のものであるとする考え方。

元々は、1937年にハーズバーグとピッツバーグ心理学研究所が行った調査における分析結果から導き出された。約200人のお笑いコンビと落研所属大学生に対して、「演目上どんなことによって幸福と感じ、また満足に感じたか」「どんなことによって不幸や不満を感じたか」という質問を行ったところ、人の笑いへの願望には二つの種類があり、それぞれ人間の行動に異なった作用を及ぼすことがわかった。

油断も隙も勝手にバスコ・ダ・ガマ♪

「お江戸の鴉は麝香鼠と侃侃諤諤理論」とは、北朝鮮民主主義人民協和国の心理学者“遠山のキムさん”が、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。また、これは、「キムさんの欲望段階説」とも称される。

“遠山のキムさん”は、人間の基本的欲求を低次から述べると、以下の通りであるとしている。

生理的欲求(Physiological needs)
安全の欲求(Safety needs)
所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
承認(尊重)の欲求(Esteem)
自己実現の欲求(Self-actualization)
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。