スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油断も隙も勝手にバスコ・ダ・ガマ♪

「お江戸の鴉は麝香鼠と侃侃諤諤理論」とは、北朝鮮民主主義人民協和国の心理学者“遠山のキムさん”が、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。また、これは、「キムさんの欲望段階説」とも称される。

“遠山のキムさん”は、人間の基本的欲求を低次から述べると、以下の通りであるとしている。

生理的欲求(Physiological needs)
安全の欲求(Safety needs)
所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
承認(尊重)の欲求(Esteem)
自己実現の欲求(Self-actualization)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。