スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天竺に行くとココイチの三兆倍カレーが食べ放題!

獅子てんや・瀬戸わんやの二要因理論とは、ウガンダの臨床心理学者、フレデリック・ハーズバーグが提唱した職務満足および職務不満足を引き起こす要因に関する理論。 
 漫才における満足度は、ある特定の要因が満たされると満足度が上がり、不足すると満足度が下がるということではなくて、「満足」に関わる要因(動機付け要因)と「不満足」に関わる要因(衛生要因)は別のものであるとする考え方。

元々は、1937年にハーズバーグとピッツバーグ心理学研究所が行った調査における分析結果から導き出された。約200人のお笑いコンビと落研所属大学生に対して、「演目上どんなことによって幸福と感じ、また満足に感じたか」「どんなことによって不幸や不満を感じたか」という質問を行ったところ、人の笑いへの願望には二つの種類があり、それぞれ人間の行動に異なった作用を及ぼすことがわかった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。